会計に関する規則

自治委員会制定
制定:平成30年12月20日
施行:平成31年1月1日
目次
第1章 総  則(第1条・第2条)
第2章 予  算(第3条)
第3章 決  算(第4条―第7条)
第4章 補  則(第8条)
附  則
別表1
別表2
    第1章 総  則
(趣 旨)
第1条 この規則は、東京⼤学教養学部学⽣⾃治会規約(以下「規約」とする。)第47条その他規約に基づき、会計に関する理事会の業務について必要な事項を定める。
(指定⾦融機関)
第2条 本会の資⾦の収納及び⽀出の事務を取り扱う⾦融機関等は、理事会がこれを定める。
    第2章 予  算
(予算項⽬)
第3条 理事会は、毎会計期間の予算を作成し、⾃治委員会の承認を得る。
    第3章 決  算
(収支の管理)
第4条 理事会は、毎会計期間の本会の収入と支出を記録し、管理する。
(会計監査員)
第5条 会計監査員は、毎会計期間三名、自治委員会がこれを選出する。任期は、当該会計期間の決算報告を自治委員会が承認するまでとする。
2 自治委員会は、会計監査員に怠慢が見られる場合、これを解任し、後任を選出することができる。
(決算の作成)
第6条 理事会は、毎会計期間末に本会が保有する資産を確認し、当該会計期間の決算を作成しなければならない。使途不明金のある場合、理事会はこれの原因究明に努めなければならない。
(決算の報告)
第7条 理事会は、毎会計期間の決算について、会計監査員の監査を受けた後、遅滞なく自治委員会及び本会会員に報告しなければならない。
    第4章 補  則
第8条 この規則は、自治委員会が、これを改廃する。
    附  則
この規則は、平成30年6月30日から施行する。
    附  則
この規則は、平成31年1月1日から施行する。